一人でブレストができるWebアプリ「S-BRST」の作り方

ーー S-BRSTと、at_946さんについて簡単に教えてください。

「S-BRST」はシンプルなひとりブレストツールです。 ブレインストーミングというと紙(付箋)とペンとストップウォッチでやるアナログなイメージが強いと思いますが、それをWeb上で行える便利ツールとして作ってみました。 私自身はゆとり世代のサラリーマンです。普段はシステムを発注する側の立場で、プロダクトの概要を検討したりプロジェクトをマネジメントするような仕事をしてます。業務では一切コーディングはしないノンプログラマーです。

ーー どこから、S-BRST開発の着想を得ましたか。

「自分が使いたい!」という想いからですね。 何かサービスを開発してみようかなという時に、「よし、とりあえずブレストしてみるか!」と思っても紙もペンもなくて面倒になってしまいまして(笑) 「じゃあおんなじように困っている人もいるかもしれないし、Webで簡単にブレストできるアプリをまず作ってみよう」ということで開発することに決めました。

ーー 最初に開発したプロダクトは何でしたか。

S-BRSTが最初のプロダクトです!

ーー 現在、S-BRSTを広めるために工夫はされていますか。

開発会議はじめ、色々とプロダクトを紹介してくださるサービスを利用させていただいてます! あとはSEOは少し力を入れようと思っています。毎日使いたいサービスというよりはブレストしたいときに初めて目に留まるサービスだと思っているので「ブレスト ツール」などで上に表示されるように頑張ってます。 プロダクトを広めるのは1つ自分の中で課題だと認識していて、とても試行錯誤してます。

ーー ビジネスモデルのアイデアはありますか。

ありません! 今のところはサービスとして求められているかを見ている段階ですね。一応広告は表示していますが… とりあえず1年ほど続けてみようと思っています。 継続性についてはそれまでのユーザーさんの反応をみながら評価し、そのときに今後について考えようと思っています。

ーー 将来的にはどのようなゴール設定をしていますか。

このプロダクトについてはリリースをゴールにおいていました。 まずは個人開発やりきるぞ!という想いだったので、そこは達成できたなと。 今のゴールは50PV/日にしてます。具体的な数値目標があったほうが行動がしやすいなということで。 そのために紹介サービスの力を借りたり、機能追加も検討中です。その次はブレスト実施回数をゴールにしようと思ってます。 こんな感じで短期的なゴールを考えてますが、長期的なゴールとしてはマネタイズできた上で継続的にサービス提供できればとは考えています。

ーー 着想を得てから、今までで直面した課題はありますか。

リリース後、死活監視が全くできていなかったことですね。 前身の「とりあえずブレスト」の時代に、知らない間にアプリがダウンしていたことがありました…それも気づいたのは1日後...外出していてPCもなく復旧はさらにその後... 今はMackerelさんやStatusCakeさんを利用させていただき、アプリ・インフラ両面から死活監視を行なっています。あとどこにいくにもPCを欠かさずに(笑)

ーー 個人開発を進める上で何かオススメのツールはありますか。

私が利用しているサービスでおすすめなのは ・プログラミング学習 → Progate
・UIデザインツール → Figma
・インフラ監視 → Mackerel
・アプリ死活監視 → StatusCake
・通知の集約 → Slack(MackerelもStatusCakeもSlackに通知させてます)
あたりでしょうか。あとはサービスではありませんが、テスト自動化は取り組むことをお勧めします!継続的に開発するなら!

ーー 無茶振りですが、開発会議ユーザーへメッセージをください。

ぜひ個人開発を”楽しみ"ましょう! あと初めては分かっていることがほとんどないのが当たり前なので”試行錯誤"していきましょう! そしてアイデア出しに困った時、思考を整理したいときにはぜひS-BRSTを試してみてください!(宣伝)

S-BRST
S-BRST

ブレストをオンラインで実施できる「S-BRST」!コピペですぐに共有できるので、アイデアを出す時に便利なアプリです。


Powered by Froala Editor